mojowork

記事一覧(309)

My Roots My Favorites 橋本雅也 (彫刻家)

鹿の角や骨でつくる草花の彫刻は言葉をこえて命の流れと向き合うある体験が原点 鹿の角や骨を彫って草花の彫刻をつくるなどしています。今に至る最初の転機は、20代前半で仕事を辞め、アジアやアフリカを旅したことです。社会的な時間から一旦離れ、自然や自分の感覚を主体に考え、行動する中で、こんな経験をしました。 ヒマラヤのふもとの町、インドのカソールでのことです。河原で見つけた流木を何気なく拾い、紙やすりで磨いてみたら、カサカサした表面が変化していき、内側から本質が表れてくるような感覚に惹かれました。さらにナイフも使い、拾った木や石で髪飾りやペンダントを作り始めます。この経験から、帰国後はそうした装身具作りが生活の基礎になりました。 そんなある日、丹沢山地を訪ねた時、森でアナグマの真っ白な頭骨に出会いました。美しいと感じて持ち帰ったのですが、アトリエで見るとなぜかその美は感じられなかった。わけを探ろうと対話するように彫ってみたのが、動物の骨や角を彫り始めた最初です。 ただ、今のような作品に至るのは、さらにいくつかの出来事を経てからでした。まず、あるお寺の住み込み管理人として暮らし始めたことです。ふだんは住職もこない無住寺ゆえ墓守的な役割もあり、一方で四季折々に咲く庭いっぱいの草花の世話も毎日の仕事です。生と死を、より日常的に感じる生活になりました。 加えて大きかったのは、猟をしている友人に同行し、冬山である鹿の死に立ち会ったことです。角や骨を扱う上で一度は必要と考えたのですが、実際の狩りや解体は想像以上に重い体験でした。一方、その際なぜか一輪の花のイメージが脳裏に浮かんだこと、また凍える体で頂いた鹿肉に、命の流れをかみしめる感覚を得るなどし、しばらく心の整理がつかず悶々とします。 しかしひと月ほど経ったころ、咲き始めた水仙が目にとまり、あの鹿の角と骨で花々を彫ることで、一歩ふみ出そうと思えました。この経験から、言葉や自我をこえた自然の理(ことわり)を共有できる作品ができたらと考え、制作を続けています。 (聞き手・文:内田伸一)