かながわ芸能歳時記 「福田神社の囃子(はやし)獅子舞」(大和市福田/福田神社/1月 )

第 26 回

氏子の家々で舞う

福田神社の囃子(はやし)獅子舞

氏子の家々を門付して回る一同


 福田神社の囃子獅子舞は、毎年7月の福田神社の祭礼の他に、正月の2、3日の両日に氏子の家々を回る門付で舞われます。江戸時代末期から伝承される伊勢太神楽系の民俗芸能で、神田囃子の系統を引く下町囃子です。五穀豊穣や災難除けを祈願するもので、市の重要無形民俗文化財に指定されています。

 拝殿で初獅子舞を奉納した後、門付(かどつけ)へと出かけます。門付は獅子、笛・二挺太鼓・鉦(かね)の三人囃子、そして各家を回って訪問を告げ神社のお札を配る介添え役の5人一組で回ります。家々の玄関先で「舞い込んだぁ」と威勢のいい声をあげ、太鼓を打ち始めます。現在では玄関先で行う門付も多くなりましたが、以前は家にあがって、お座敷踊りで獅子の他に、ばか面を着けた踊りも行われていました。なお、7月の祭礼では締太鼓二・大太鼓一・笛一・鉦一の五人囃子となります。


住所:神奈川県大和市福田8-8-6 福田神社および氏子地域

交通:小田急江ノ島線「桜ヶ丘駅」下車 徒歩10分

日程:2021年1月2日・3日

お問合せ:大和市文化スポーツ部文化振興課 046-260-5225


●同時期(12月、1月)開催のその他の祭り

双盤念仏講(横浜市旭区/三佛寺/12月31日)

鎌倉木遣唄(鎌倉市雪ノ下/鶴岡八幡宮/1月4日)

*新型コロナウイルス対策のため、中止・変更となる

 場合があります。ご確認の上、お出掛けください。


協  力:大和市文化スポーツ部文化振興課

写真提供:大和市文化スポーツ部文化振興課


kanagawa ARTS PRESS

神奈川芸術プレス WEB版