オペラ「トゥーランドット」

神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ2020 グランドオペラ共同制作
プッチーニ作曲 オペラ「トゥーランドット」

2020年10月17日(土)・18日(日) 神奈川県民ホール 〈大ホール〉

指揮:佐藤正浩 演出・振付:大島早紀子 管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

出演:[トゥーランドット姫]田崎尚美/岡田昌子 [王子カラフ]福井敬/芹澤佳通 [リュ-]木下美穂子/砂川涼子 [メインダンサー]白河直子 他

 今年の共同制作オペラ・シリーズは、神奈川県民ホール、iichiko総合文化センター(大分)、やまぎん県民ホール(山形)の三つの劇場と、東京二期会はじめ三つの芸術団体が連携し、「トゥーランドット」を上演。演出・振付に、ダンス界の鬼才 大島早紀子を迎え、音楽・ダンス・舞台が融合した美しく幻想的な舞台を創り上げました。演奏は、近年オペラ指揮者としてめざましい活躍をみせる佐藤正浩率いる神奈川フィルハーモニー管弦楽団。流麗で生命力溢れる音楽で物語に寄り添いました。満席の客席から温かな拍手が沸き起こり、会場は幸福感に満たされ幕を閉じました。


お客様の声

久しぶりのオペラに感動した。(男性・同意見多数)

劇場に足を踏み入れたのが8ヵ月ぶりで、久しぶりの生の舞台にとても興奮しました。歌・ダンス・舞台装置や衣裳も素晴らしかったです。演者の生きるエネルギーが伝わってきました。(20代女性)

今年オペラが見られるとは思っていませんでした。期待をはるかに越える内容で驚きました。(男性)

Photo

ⓒ林 喜代種

kanagawa ARTS PRESS

神奈川芸術プレス WEB版