音楽堂ヘリテージ・コンサート 年間ラインナップ

神奈川県立音楽堂

「木のホール」で世界の至宝を聴く、新シリーズ。

 日本最初の本格的公立音楽ホールとして、数々の世界的巨匠を迎えてきた歴史と「木のホール」の美しい響きで知られる「室内楽の殿堂」神奈川県立音楽堂。

 その歴史の新たなページとなる新シリーズ「音楽堂ヘリテージ・コンサート」が今春スタートします。

 往年の「特別演奏会」、これまでの「ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」の流れを受け継ぎ、コンセプトは「人類の至宝、歴史的資産(ヘリテージ)となっていくような、世界的音楽家による演奏会」。音楽堂主催公演だけでなく、共催公演も含め、すべて音楽堂が太鼓判を押すラインナップです。2021年は、強靭なテクニック、コンポーザー・ピアニストならではの深い音楽的思索で知られるフィンランドのムストネン、首都圏8館を結ぶベートーヴェン・ソナタのチクルスが昨年から延期となったリフシッツ、そしてロシアとドイツからはプレトニョフ、オピッツという押しも押されもせぬ二人の巨匠など、ピアノの超人たち。「ピアノセット券」で一挙鑑賞がお得。フランスからは、ブーレーズが設立した、世界最高の現代音楽アンサンブル「アンサンブル・アンテルコンタンポラン」が音楽堂のための特別プログラムを予定。一生に一度は、彼らの目の覚めるような演奏を浴びることをお勧めします。さらにプラハ・フィルハーモニア管弦楽団による「新世界より」「モルダウ」、イ・ムジチによる「四季」など「決定版」の演奏の数々。全7公演「年間セット券」も1月発売します。詳しくは特設サイトで!


2021年 「音楽堂ヘリテージ・コンサート」

①4月9日(金) オリ・ムストネン ピアノ・リサイタル

       J.S.バッハ:シンフォニア 第1番 BWV787 - 第15番 BWV801

       ラウタヴァーラ:イコン op.6

       ムストネン:魂の鳥

       ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 op.13『悲愴』

       ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 op.53『ワルトシュタイン』

      *曲目等は都合により変更になる場合があります。予めご了承ください。

②5月1日(土) コンスタンチン・リフシッツ ピアノ・リサイタル

       「ベートーヴェンへの旅」

③8月29日(日) アンサンブル・アンテルコンタンポラン

④9月18日(土) プラハ・フィルハーモニア管弦楽団

⑤9月26日(日) イ・ムジチ合奏団

⑥11月27日(土) ミハイル・プレトニョフ ピアノ・リサイタル

⑦12月24日(金) ゲルハルト・オピッツ ピアノ・リサイタル

①単独券 ①②⑥⑦「ピアノセット券」 ①~⑦「年間セット券」

KAme会員先行1/26(火) 一般発売1/28(木)

②単独券 KAme会員先行1/26(火) 一般発売2/20(土)

*席種・料金等詳細は、特設サイト をご確認ください。


Photo(上から)

オリ・ムストネン ©Outi Montosen

コンスタンチン・リフシッツ ©Naoya Ikegami

アンサンブル・アンテルコンタンポラン

プラハ・フィルハーモニア管弦楽団 ©Petr Králík

イ・ムジチ合奏団

ミハイル・プレトニョフ ©Rainer Maillard / DG

ゲルハルト・オピッツ ©HT/PCM


出演者関連動画


■ Olli Mustonen | Before the Grand Competition

kanagawa ARTS PRESS

神奈川芸術プレス WEB版