オープンシアター2021

神奈川県民ホール

オーケストラ・オルガン・美術でめぐる
世界旅行!

 子どもや大人、さまざまな国籍、障がいのある方など、あらゆる人たちに、神奈川県民ホールを身近に親しんでいただこうと、毎年多彩なイベントを開催している「オープンシアター」。舞台芸術や展覧会、ワークショップなどのほか、普段は見ることのできない舞台裏の見学など、まるごと県民ホールをお見せします!

 大ホールでは「音楽でめぐる世界の旅ガラコンサート」と題し、世界のさまざまな国で生まれたオーケストラ、オペラ、バレエの名曲・名場面を、”旅の案内人“宮本益光の楽しいお話を交えてお届けする約1時間のコンサートをお贈りします。

 迫力満点のオーケストラの演奏、マイクを使わないオペラ歌手の生の歌声、華麗なバレエで、夢の世界へご案内します。開場中に、数々の名公演の舞台となってきた、大きなステージにあがってみる見学会にもご参加いただけます。

 小ホールでは”楽器の女王“パイプオルガンと華やかなカウンターテナーの歌声で、小さなお子さまから楽しめるファミリーコンサートを開催。終演後にはステージ上で、たくさんのレバーやボタンが並んだオルガンの演奏台を見学できます。複雑な装置で音色をあやつりながら演奏するオルガニストの技を間近に感じてみてください。

 ギャラリーでは、モノと空間の関係性をユニークな視点で捉えた作品が魅力の彫刻家・對木裕里の展覧会とワークショップを開催。少しとぼけた雰囲気ながら、ギャラリーの白い空間を一変させてしまうパワーにあふれています。ワークショップでは、茶の湯をテーマに、モノを印象的に見せるしつらえや、置き方によって変わるメッセージなどを体感してみます。

 当日は多言語通訳、手話通訳でのご案内もいたします。昨年はコロナ禍のため、残念ながら中止となってしまいましたが、今年はしっかりと感染対策をして皆さまをお待ちしています。


オープンシアター2021

●音楽でめぐる世界の旅 ガラコンサート

2021年5月30日(日)14:00(開場13:00) 〈大ホール〉

*休憩なし約60分/開場から開演15分前までステージ見学あり

オッフェンバック:オペレッタ「天国と地獄」~序曲

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番〜第1楽章

モーツァルト:オペラ「魔笛」〜パパパの二重唱

ミンクス:バレエ「ドン・キホーテ」〜グラン・パ・ド・ドゥ 他

出演:上野正博(指揮) 宮本益光(旅の案内人・バリトン) 

   横森由衣(ソプラノ) 外山啓介(ピアノ)

   佐合萌香(東京シティ・バレエ団) 吉留 諒(東京シティ・バレエ団)  

   神奈川フィルハーモニー管弦楽団

全席指定 一般(高校生以上)2000円 子ども(4歳~中学生)1000円

親子(一般1枚+子ども1枚)2500円 *4歳から入場可

●音楽のおくりもの オルガンとカウンターテナーのハーモニー

2021年5月30日(日) 11:00 (開場10:15) 〈小ホール〉

*休憩なし約45分+オルガン見学15分 

出演:都築由理江(オルガン) 村松稔之(カウンターテナー)

全席自由 500円(小学生以下無料) *4歳から入場可・要事前申し込み

對木裕里(ついきゆり)展 手のたび—では いっておいで

2021年5月26日(水)~6月5日(土) 10:00-18:00 会期中無休

〈ギャラリー第1展示室〉 *0歳から入場可・無料・申込不要

ワークショップ「ようこそニッポン ちょっとおかしなTea Ceremony」

2021年5月30日(日) *事前申込制


Photo(上から)

上野正博(指揮)

宮本益光(旅の案内人・バリトン)

横森由衣(ソプラノ)

外山啓介(ピアノ) ©Yuji Hori

佐合萌香(東京シティ・バレエ団)

吉留 諒(東京シティ・バレエ団)

都築由理江(オルガン)

村松稔之(カウンターテナー)

2019年の小ホールオルガン見学 ©Iwata Eri

對木裕里

kanagawa ARTS PRESS

神奈川芸術プレス WEB版