知れば、知るほど、好きになる「チュチュ」「シンバル」

バレエの小箱

チュチュ

華やかなバレエの舞台、中でも女性ダンサーの美しさを際立たせるのがチュチュではないでしょうか。チュチュは、薄い布を何枚も重ねて作られているスカート状の衣装。チュチュという言葉は、お尻を意味するフランスの幼児語です。

 1832年パリのオペラ座での「ラ・シルフィード」*1初演時に考案され、以後バレエを象徴する衣装となりました。チュチュには大きく分けてロマンティック・チュチュとクラシック・チュチュの2種類があります。

 ロマンティック・チュチュは、ロマンティック・バレエ*2で用いられるくるぶし丈の長いものです。当時、トゥシューズは誕生してすぐで、ポアント(つま先立ち)の技法なども発展途上でした。そんな中、長く柔らかになびくロマンティック・チュチュが女性的で幻想的なムードを表現したのです。代表的な演目は「ラ・シルフィード」や「ジゼル」などです。

 19世紀に入ると、ロシアに渡ったロマンティック・バレエはクラシック・バレエ*3へと発展します。より複雑で高度な技術が求められ、女性が何十回ものフェッテ(回転技)を見せるようになります。脚をより自由に動かすことができ、その技をしっかりと見せることのできる丈の短いチュチュが生まれました。それがクラシック・チュチュです。代表的な演目は「眠れる森の美女」や「白鳥の湖」などです。

 本年度の神奈川県民ホールは、「白鳥の湖」を筆頭にさまざまなバレエ公演が目白押しです。ぜひ、ご来場ください。


*1:妖精との恋を幻想的に描いた不朽の名作。この作品からチュチュ、ポワントなど、今のバレエへと続く多くの要素が生まれた。

*2: 18世紀後半、理性よりも情緒や創造力を大切にするロマン主義が流行。それに基づき誕生したバレエ様式。妖精などが登場する幻想的なものが多い。

*3:19世紀後半、ロシアで確立されたバレエ様式。物語とは無関係の技巧的なダンスシーンを取り入れた。ダンスと演劇要素が分離されて、現在に続くバレエが完成した。


Photo

ファンタスティック・ガラコンサート2020「瀕死の白鳥」より

ⓒKiyonori Hasegawa


楽器ミュージアム

シンバル

 オーケストラやブラスバンド、ドラムセットで光り輝くシンバル。皿状の円盤は特殊な合金(主に真鍮、青銅、錫等)でできていて、サイズや厚さ、素材の配分割合や製造過程の違いで個性の異なる響きを出します。

 その歴史は古代文明の時代にまで遡りますが、現代の「シンバル」の直接の祖先はオスマン帝国の軍楽隊で使われた「zil (ズィル)」。17世紀に、錬金術師のアベディス1世が独自の合金製法で作った大きく華やかな響きの「ズィル」が、現代へとつながっていくのです。彼が創業した「ジルジャン(Zildjian)」は今日でも世界トップのシンバル・メーカーですが、それはアベディスがシンバル製法を長らく一族相伝としていたことが大きく関わっています。

 ところで18世紀の欧州ではトルコ・ブームが起こっていて、作曲家たちはトルコ伝来のシンバルをオーケストラに取り込みました。ベートーヴェンの「第九」(1824)で「人類は皆兄弟」と歌う合唱と鳴り響くシンバルとのフィナーレに当時の人々は熱狂したに違いありません。

 とはいえ、シンバルの表現力を最大限に活かしているのはジャズやポップス、ロックのドラムセットでしょう。基本的なドラムセットでは、上下2枚のシンバルを重ねた「ハイハット」、大きな「ライド」、「クラッシュ」の3種のシンバルをスタンドに固定して主にスティックで叩きます。クラシック音楽でのシンバルはもっぱらアクセントを付ける役割ですが、ドラムセットではポピュラー音楽ならではのビートを刻む役割も担います。ドラマーたちはさらに音色が異なるさまざまなエフェクト・シンバルも追加して独自のサウンドを作り込み、それが彼らの腕の聞かせどころとなっています。

 シンバルに限らず楽器は人間の創意の結晶。本コーナーは最終回となりますが、楽器を見に聴きにコンサートにお出かけください。

kanagawa ARTS PRESS

神奈川芸術プレス WEB版