5.神奈川県立湘南高等学校合唱部

 本コーナーでは、公演の延期を余儀なくされた演出家や、地域に根ざした番組を制作するテレビ局、国際的にも注目される展覧会を実施する組織など、演劇や、音楽、美術、エンターテインメント、そして教育、と幅広い分野の方々から取り組みを聞きました。どんな困難と向かい合い、歩みを止めなかったのか。神奈川県内での5つの現場の声をお届けします。



VOICE 5

神奈川県立湘南高等学校
合唱部

2020年2月の神奈川県合唱フェスティバル(音楽堂)への参加から半年間、リアルな場に集まって練習ができなかった湘南高校の合唱部。発表会の再開は、さらに7ヶ月後の2021年3月でした。練習の再開当初も人数制限があったため、部員全員(70~80名)が一つの部屋に集まることはかないません。複数の部屋に分かれたり、屋外でも練習をしました。マスクをつけて歌うことも、苦労が伴うものでした。部員同士の対話がSNS中心となったためコミュニケーションのすれ違いも経験することに。一方で、「バーチャル開放区2020」(1)への応募は一つの転機になりました。できることをやろうと取り組んだ作品がみごと入選を果たし、部員たちに連帯感が生まれるきっかけになったのです。今回の取材では、湘南高校合唱部顧問の岩本達明(いわもとたつあき)先生と、2年生で部長を務める小林颯(こばやしはやて)さんにお話を聞きました。



聞き手・文:編集部 写真:大野隆介

―海外の合唱団との交流も盛んに行われていましたが、2020~2021年度は実現が難しかったですね。

岩本
楽しみにしていた演奏会がなくなり、生徒たちはつらかったと思います。卒業する3年生は、最後のコンクールも中止で心のダメージも大きかった。Zoomの活用は、そんな思いを語り合うことから始めましたね。「音楽を続けたい」生徒たちの発案で、Zoomで練習をしたり、インスタライブをしたりもしましたが、オンラインだと音のズレがあるため一緒に歌うことは難しい。

岩本達明先生(左)と、部長の小林颯さん(右)

―2020年4月入部の小林さんにとって、コロナ禍はどのような時期でしたか。

小林
活動が何もできないところからのスタートでした。みんなで歌えた時は、その分喜びが大きかったです。発表会は、歌う側もお客様もほんとうに楽しそうで。客席には泣いている方もいました。機会が限られているからこそ、合唱の素晴らしさを強く感じた2年間になりました。

岩本
コロナ禍では、先輩と後輩の上下のつながりなど、いろいろなものが切れてしまいました。それでも活動を止めてしまうと、再開するエネルギーすらわかないんじゃないかな。「バーチャル開放区」への応募では、初めての映像編集でしたが熱心にチャレンジして。このようにその時できることを、細々とでもやり続けることがステップになると感じました。

株式会社奥山の合唱用マスク(手前)と、東京混声合唱団が開発したマスクを生徒が縫って手直ししたマスク(奥)

※1

文化芸術オールジャンルの動画を募集し、配信する神奈川県による取り組み。応募244作品のなかから入賞4作品を決定、湘南高校合唱部は「県民賞(特別賞)」を受賞した。

神奈川県立湘南高等学校合唱部


2021年、神奈川県立湘南高等学校は100周年、合唱部は創部75周年を迎えた。合唱部はこれまでに数多くの音楽家を輩出している。2022年3月27日に、創部75周年を記念した春の定期演奏会を、鎌倉芸術館大ホールにおいて開催。

公式Twitter

Share this
Key phrase

Latest Feature

緊急事態のなかで

 コロナ禍で直面した問い 時間と...
spot_img

Recent articles

関連記事