特集

Category/Tags

演劇の魅力を伝えたい ― コロナ禍で生まれた熱 長塚圭史インタビ...

KAATで白井晃・前芸術監督時代から芸術参与として関わり(2019年4月~2021年3月)、コロナ...

“劇場”からみる共生社会 ―広場としての文化施設

神奈川芸術プレス、リニューアル 今号よりリニューアルした本誌。発行が年2回となり、...

広場としての文化施設とは? ―3つの事例から―

本コーナーでは、当財団が運営する文化施設(県民ホール・KAAT・音楽堂)の主催公演をケーススタディ...

1.神奈川県立音楽堂『みんなー!たのしい音楽始めるよ、あっつまれ...

2021年「神奈川県指定重要文化財」に指定された、前川國男の設計による県立音楽堂。響きのよい“木のホール”として親しまれています。

2.神奈川県民ホール『オープンシアター2021』音楽・美術でめぐ...

「すべての子どもと大人たち」に向けて劇場に足を運ぶ喜びを知ってほしいと、コンサートやバレエ、アート展など一日楽しめる企画として神奈川県民ホールが開催してきた「オープンシアター」。

3.KAAT神奈川芸術劇場「KAATフレンドシッププログラム」

様々な企画で地域に「劇場をひらく」ことを試みてきたKAAT。

4.共生共創事業

2016年、多くの犠牲者を出した津久井やまゆり園事件。このような事件が二度と繰り返されないよう、ともに生きる社会の実現を目指し、同年に神奈川県・県議会は「ともに生きる社会かながわ憲章」を定めました。

5.横浜・紅葉ケ丘まいらん

みなとみらい地区を一望する横浜・紅葉ケ丘には、神奈川県立音楽堂(Music Hall)、神奈川県立青少年センター(Youth Center)、神奈川県立図書館(Library)、横浜市民ギャラリー(Art Gallery)、横浜能楽堂(Noh Theater)があります。

パラリンピック式典から 考える共生社会

ダンサー・振付家 森山開次 × 認定NPO法人 スローレーベル 理事...

「わからなさ」を受け入れるという体験は、共生社会の醸成につながっ...

東京藝術大学大学院修了制作としてつくられた映画『PASSION』には、横浜の街並みが映し出されてい...

Latest Feature

緊急事態のなかで

 コロナ禍で直面した問い 時間と...
spot_img

Recent articles